初冬や初春にお勧め!?パワーフィネスでのライトテキサス バス釣りの仕掛け

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

初冬や初春にお勧め!?パワーフィネスでのライトテキサス



人に指南するほどの腕を持たない管理人ではありますが( ̄▽ ̄;A 管理人が初冬や初春頃に好んでする釣り方で、ウエイト(重さ)が1/16oz(1.8g)~3/16oz(5g)位の物をメインで使用した仕掛けがこのライトテキサスです。

1/16ozのタングステンシンカーだともう豆粒以下ですね(笑) まぁ真冬になるとまた今度は使わなくなるんですが(lll-ω-) タングステン?と言う方は ⇒ タングステンシンカーを使う意味

参考に・・・なる?・・・なれば幸いですφ(..;)

水温10度前後の、まだバスがギリギリ口を使ってくれるシーズンには、お勧めだと思っていますが、ライトテキサス??と思っている初心者向きに今回も記事を書いていきます。

上級者の方はここでお帰り下さい。読んでも何も得られません(T人T)スイマセン

それではまずライトテキサスとは通常使うテキサスとどう違うのか? と思われる方がいるかもしれませんが、何も違いません。 基本的には一緒です(笑)

ただシンカー(錘)が軽いと言う以外何も変わりません。ですので普通にテキサスと言っても問題ありません。

そして管理人が一押しするのは、日頃見ている方はわかると思いますが( ̄▽ ̄;A パワーフィネス(PEライン使用)でのライトテキサスの仕掛けです。

この仕掛けでは可能な限り、感度を優先して6'~6'6"までのスピニングロッド、出来ればテーパー(調子)をエクストラファースト ~ ファースト(先調子)の物がお勧めです。





スポンサードリンク








メインラインはPEラインの0.6号~1号まで、リーダーは6lb~10lbでライン、各ラインの太さはポイントのストラクチャー(障害物)の有無で選択しています。

とにかくまだウィードが残っている状態や、春の生え始め等のシーズンでのおかっぱり釣行での効果が高いです。

お勧めのアクションとしてはとにかくスロー!! 水温10度ですから!夏ならまだしも(笑) ラインを張るか張らないかの状態を意識しながら軽くしゃくって、竿をゆっくり立てていき、引っ掛かりがあれば、糸のラインふけを利用しながら小刻みな振りで外す、外したら数秒放置、そしてまた竿を立てながらと言う感じで、少し残ったウィードの地区を底を中心に探りながらランガンしていきます。φ(..;)

このウィードからシンカーを軽く外すときにテーパー(調子)がエクストラファースト ~ ファースト(先調子)だと小さい動きで竿先だけで外していくことが出来ます。

この仕掛けでの特徴はとにかくシンカーが軽いので、巻いて浮かすのではなく、ゆっくりと底を這わせながら進ませる所がポイントになります。(*゚∀゚*)!

風の状況に合わせてシンカーのウエイトは重くしていきますが、5gでも強風の際は不向きなので、風が強い場合は風裏に移動してください(笑)

とにかくスローな釣りなので1キャスト1キャストが長くなってしまいますが( ̄▽ ̄;A

この釣りのポイントは、とにかくラインをピンと張らない事!!です。 そして一番軽いウエイトで底をきちんととる事!!です。 ラインを張っていると釣果は一気に下がります。

最初の間はこの張るか張らないかのラインがかなり難しいのですが、こればかりは慣れなので、頑張ってもらうしかないのですが・・・。(lll-ω-)





スポンサードリンク








張りすぎるとあたりが少なくなるし、全然張っていないとあたりがきても気が付かないし・・・良くラインで見ると言う覚え方をしている人もいて、それは良いと思うのですが、風がある時PEライン見ててもわかりませんから(笑)出来るだけ手で感じて感覚をつかんでください。

とにかく初冬や初春のウィードがギリギリあるような状況で、水温10度近辺ではバスのバイトも小さい物が混じるようになってきます。

特に警戒心の高い大きいサイズのバスは極小バイトになる場合もあるので、とにかくロッドとラインを出来る限り高感度にして、小さいバイトを見逃さないスピニングでのパワーフィネススタイルがお勧めです。

使用するワームのサイズは3インチ~5インチ位のものを使用してのパワーフィネス&ライトテキサスが色々なサイズが釣れるので初冬や初春にお勧めです。

管理人はゲーリーのシュリンプスイムセンコーミディアムクローヤマセンコーモコリークローカットテールカーリーテール 等がお気に入りで使用しています。

写真に写っているいるビーズは100円ショップで売られている物です(笑) 初心者の方はビーズ?と思うかもしれませんが、昔は皆シンカーとフックの間にライン保護&音出しで入れていました。( ̄▽ ̄;A

ライン保護に関しては、今使用しているジャッカル タングステンカスタムシンカー バレットは太径チューブ入りなので、ライン保護は不要なのですが・・・ビーズは音と少しのアピールが欲しいなと言うときに使用しています。ビーズにシンカーがあたるとカチッ!とした小さい音が出ます。( ̄ー ̄;

水温が一気に下がって、ターンオーバーした状況では、底が一番水温が低くなるので、その際は少し浮かせた釣りのほうが効果的です。ライトテキサスはターンオーバー中は不向きなのでご注意ください。(*-∀-)ノ゙

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ STEALTH BLADE RIG(ステルスブレードリグ)完成形?と作り方

次のページへ ウィードシーズンのテキサスにおすすめのペグ止め?

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています