Gary Yamamoto 4"SWIMSENKO(4インチ スイムセンコー) 重さ&使い方&飛距離

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

Gary Yamamoto 4"SWIMSENKO(4インチ スイムセンコー)



Gary Yamamoto 4"SWIMSENKO (4インチ スイムセンコー)

1パック / 7本入り 14colors

重さの平均は約6.6g

6'6"パワーフィネスでの飛距離は・・・(計測結果待ち、計測結果が出た時はツイッターで呟きますので、そちらを確認してください)

8'ロングパワーフィネスでの飛距離は・・・(計測結果待ち、計測結果が出た時はツイッターで呟きますので、そちらを確認してください)

まぁ見たままなんですが、ヤマセンコーのボディの後半にキックテールのついたワームです。

先に5インチが発売されて追いかけて4インチのこの商品が登場しました。ウエイトが4ヤマセンよりも少し軽量になるのとテールの影響で、飛距離はそれ程出ませんが、フォール時&リーリング時の両方でバスにアピールする能力があります。

巻いていると見た目の割に波動凄いなぁΣ( ̄□ ̄;)と思う商品ですが、袋詰のせいでテールが何だかあらぬ方向を向いていたりするのが残念です。まぁその分安いんですが・・・

ヤマセンコーでは巻いていてもなぁ・・・と言う方にはお勧めですが、飛距離はその分は諦めてください。(笑)





スポンサードリンク








重さは5本で約33gでしたので1本約6.6g、かなりのスロー巻きでもしっかりテールがキックします。少し回りやすいのが難点ですが、逆にそれが良い時もありなかなか評価の難しい存在です。

回るのが気になる方はデコイ Sスイッチャー等を使うのもお勧めです。

ただ巻きで釣れる要素も増えるのは、活性が高い時にはかなりの武器にもなります。

弱点はやはり脆さですが、形状的に逆刺し等の使用が出来ないので、コストパフォーマンスはかなり悪い商品です。





スポンサードリンク








私のノーシンカーでのお勧めは デコイ キロフックワイド #1/0 か #2/0 ですが特にワイドでなくても使いますが、何だかワイドのほうが安定しているような気がするので、こちらを使っています。

少し巻きの要素があったほうが反応が良いので、色々組み合わせながら使用するのがお勧めです。

私の使用方法としては、水面ギリギリまでウィードのある時にその上をただ巻きでスローに流してくるのが一番好きです。

水面に飛び出す瞬間が見れるのでかなり楽しいです。

少しマニアックて小さい釣具店では置いていないことも多いので、ネットで注文した方が無難です。あまり見かけなくて・・・( ̄▽ ̄;A

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ 4"SLIM YAMASENKO (4インチ スリムヤマセンコー)

次のページへ 5"SWIMSENKO (5インチ スイムセンコー)

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています