経年劣化するドラグワッシャー!交換時期は?

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

経年劣化するドラグワッシャー!交換時期は?


今回の記事は多分どの方にも有用な記事となるとおもいますが

毎年新しいリールを購入して、古いものは使わないという方は読まなくてもいい記事になっています

1つのリールを長く使う方の参考になれば幸いです

先日スピニングリールのドラグメンテナンスの重要性と言う記事を書いていましたが

スピニングリールですげー重要なこの場所のメンテナンス

そもそもドラグワッシャーも使えば使うほど経年劣化していく部分になります

それではドラグワッシャーの交換時期は?

どれぐらいの期間でドラグワッシャーはへたってくるのか?

へたったドラグワッシャーを交換しないとどうなる?

と言う年数による観察をここに解説していこうと思います

基本的にスピニングリールは上位機種であってもドラグの構造はほぼ一緒です

大半はドラグワッシャーの枚数が1枚か3枚の構造になっています

そして3枚のほうが優秀と言う話ではなく、使用する魚種によって1枚や3枚に別れるという感じです

それでは解説と簡単に言いましたが・・・

使用し始めて1年目・・・3年目・・・5年目・・・7年目っと

同じリールを使ってみて

そのドラグワッシャーがどう変化していくのかを観察すればわかることですが

同じリールを1~2年ごとに購入して・・・

そのドラグワッシャーの劣化を調べていく・・・・

そんな事出来るわけない!ww

毎年メーカーからは新しいリールが次々とリリースされている中で、型落ちになっていくスピニングを1~2年ごと1台ずつ購入する奴なんていないwww

そうお思いのそこの読者の方、ご安心下さい

ここにその馬鹿がいます(=゚ω゚)ノ

今ではなかなか新品が手に入りにくいですが、たまに出る新古品を狙って1~2年ごとに購入していますw

まさしく!!

馬鹿の所業!!

まぁ、そんな馬鹿なポンコツ管理人がいたおかげ

今回ドラグの劣化具合を年単位で調べていくことが可能になったのですww

そして、こちらが先日購入した新品のドラグワッシャー

1枚200円ととてもリーズナブル・・・ただこれは前回の記事でも書きましたがUTD(アルティメットドラグシステム)のドラグワッシャーなのでとても安いです

DAIWAの新しいATD(オートマチックドラグシステム)スピニングの方は少し割高になります

価格は番手により500円~8100円となります( ̄- ̄;)

それでは、新しいドラグワッシャーの厚みを測っていきましょう

今回は4枚購入していましたので全て計測して平均を出していきます

結果こうなりました

本当に新品はこんなに分厚いのが入っていたのかと目を疑うレベル

続いて各年ごとにどれぐらいドラグワッシャーが摩耗していっているのかを確認していきます

まずは

一番古い7年目のポンコツリール、見るからにもうワッシャーとして動いてなさそうww

ドラグのメンテをして釣りで使っていてもドラグの出はかなりぎこちない感じになっている機種です

その現在の厚みは・・・

まさかの厚み約1/3((( ;゚Д゚)))コレハアカン

表面ももう起毛のあるフェルトではなく何か硬く硬化しています

メンテナンスをしているのにラインを引いても滑らかに出ている感は少なく

新しいもののほうが確実に滑らかにドラグが出ている感じでした

それでは一気にその他の厚みを





スポンサードリンク








2020年に購入した物でももう2年近く使用していますので厚みは半分以下に・・・・

2020年購入は2014年の物と違いまだギリギリ表面はフェルト素材と言う感じなので、メンテナンスをするとまだドラグの出かたは滑らかな方です

しかし、こうやって結果を見てみると、メンテをしていても2年もたたないうちに、かなり劣化が進んでいるようで

ドラグをあまり閉めこまない管理人ですが

最低でも2年たったらドラグワッシャーは交換するほうが、ドラグとしての機能を維持できるという感じだと思います

きちんとメンテナンスをしたい方は1年毎に交換するほうが良い感じです

前回も書きましたが

保管の際はドラグを緩めておく

ライン交換の際にドラグを閉めるので

ライン交換の2回に1回くらいはドラグワッシャーにグリスを追加しておく

こういった工程で多少保ちが変わると思います

今回の調査結果でドラグワッシャーの経年劣化は2年も経たずに半分以下になって性能も劣化していくという事がこれで分かりました

そもそもドラグはフェルト素材の少し起毛のある生地で出来ていて、その隙間にグリスを塗り込んでスプールとの接地面を起毛部分が緩やかに滑っていくという構造なので

その起毛が無くなった状態になると、ドラグの出が凄く極端になってしまいます

触って毛の部分が少し無いな・・・と言うタイミングで交換と言う感じですね

安いパーツなので出来れば交換しておきましょう

私はもちろん全て交換( ̄- ̄;)

今までこの古いワッシャーでよく頑張ってたなと反省しています(-_-;)

しかし交換後・・・すげー滑らかにドラグが出るwwww

私が毎年ムッチャばらすのはこれのせいじゃない!?

それならばいいが・・・これ交換してもバラしてたら・・・やはり腕?((( ;゚Д゚)))

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ スピニングメンテナンス編 その② こまめに確認のいる場所

次のページへ 手を抜きたい人の為のオーバーホール用グリス

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています