これは釣れる!PEラインのダウンショットリグ遠投&最強の組み合わせ ブラックバス釣り

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

これは釣れる!PEラインのダウンショットリグ遠投&最強の組み合わせ ブラックバス釣り



以前からPEラインによるダウンショットリグの遠投はかなりやっていましたが、最近新たに使用するようになった アーマードS 100m 0.4号 でも遠投してみようと言う事でやってみたところ・・・驚愕するような飛距離が出ました。

実験をした日がちょうど琵琶湖大橋の風速計で0mの日だったのですが、ほぼ無風の状態。

竿を回転させながらの遠心力を利用してのキャスト!

100m巻きのアーマードSがスプールに少し糸が残った状態までキャストすることが出来ましたので、70m以上80m近くは飛んでいると思います。投げた本人も驚きでした。

近くで重そうなシンカーのヘビキャロを75"以上のロングロッドで投げている方がいましたが、それよりも飛んでいました。本当に良く飛びます。

しかも今回使用したシンカーはたった6g!を使用しての遠投での結果です。6gと言うと・・・1/4ozでも7.1gあるのでそれ以下です。本当にかなりの軽量です。

錘が軽いと利点も多く、着水音が小さくなり、魚へのプレッシャーを小さくでき、重いほどウィードに沈み込みますが、軽い分沈み込みもましになります。

ただ使用するワームはゲーリーヤマモト 2インチ シュリンプ、これがベストのセッティングです。2インチシュリンプは空気抵抗が少ないので軽量シンカーでもかなり飛びます。

しかも驚くほどアタリも多いのでかなりお勧めです。フリックシェイク3.8などでも試しましたが、風の抵抗が大きくなり10m以上飛距離に差が出ます。

通常ベイトでのヘビキャロやヘビダンはシンカーも10g以上重い方だと20g以上が普通ですが、たった6gしかも普通の66'の長さの普通の竿で、それと同等、もしくはそれ以上の飛距離をキャストすることが出来るようになります。





スポンサードリンク








しかもどれだけ遠投しても、PEラインなので感度は最高!遠投時のナイロンラインのような伸びもなくしっかりとあわせられます。

あとPEの割に水に馴染みやすく、0.11mmと極細なので風にも強くもう言う事なしです。アーマードSはナイロンラインのような張りとコシがある特殊なラインなので今までPEラインを苦手としていた釣り人にもおすすめです。

わざわざヘビキャロ用に竿を1本用意しなくてもアーマードS0.4&リーダーで十分ヘビキャロorヘビダン並に飛距離が出せますし、7"以上の竿で錘を8g~10gにするともう糸の残量が危険な100m近く飛んでしまうのではないでしょうか・・・

ただ2インチシュリンプなのでフックはガード付マス針になります。オフセットフックでワームを付けてとなると2インチでは小さすぎるので・・・あと使用するワームがどうしても大きくなってしまうので、風の抵抗が大きくなり飛距離に影響が出てしまいます。

お勧めのフックとしては ガード脇刺 サイズ#4 これが一番使い勝手がいいです。ガードの強さが絶妙で柔らかいのにしっかりと役割を果たしてくれます。根掛りもなく快適です。2インチシュリンプなので大きさは#4になります。

2インチシュリンプ&ガード付マス針の特徴としては、取りあえず何でも釣れる点です。ギルから小バスから大物から選ぶことは出来ませんが、近くに食い気のある個体がいればまず間違いなく喰いついてきます。





スポンサードリンク








活性が低い時でも0.11mmの細い(ナイロンで言うと2LB)しかも小さい2インチのワームなので魚の警戒心を最小限にすることが出来ます。

何よりアタリも多くなり、数もサイズも色々と釣れるので楽しいです。おかっぱりでの釣れる最強の遠投タックルと言っても良いかもしれません。

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ 最近よく釣れている PEラインのダウンショットリグでの遠投

次のページへ PEラインでのバス釣り

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています