スピニングリールの糸ヨレを直す方法

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

スピニングリールの糸ヨレを直す方法



スピニングリールを使用していて問題になるのが、糸ヨレです。

最近では糸ヨレ防止機能付きのスピニングも多く出ていますが、それでも長く使っているとどうしても糸がヨレてクルクルとした巻き癖のような状態になっていきます。

ある程度の比重のあるものをキャストしている際は問題無いことも多いですが、ノーシンカーなどの比重の軽い物をキャストする際は、糸ヨレのせいでライントラブルになる事もしばしばあります。

糸ヨレしたスピニングを使用しているのは見た目かなり格好悪いですが、それ以上に釣果にも大きく影響してきます。

本当に比重の軽い2インチワームなどを投げている際は致命的です。糸ヨレのせいで水中でクルクルとワームが動いてしまって釣果にも響いてきます。





スポンサードリンク








ウォーターランド:ヨリトレール 3.8g

そんな時はこれがお勧めです。

使い方は簡単でこれを付けて何度かキャストすることで、スピニングリールの糸ヨレが直ります。

ライントラブルも減り、小さいワームに影響する事もなくなり、糸も長持ちさせることが出来ます。

ちなみに私はこの写真の物を大きいリール用に自作しました。海釣り用などではかなりの距離飛ばしてラインを出す必要があるので・・・重いです。

バス釣りに使うのであれば上記のタイプの物で十分です。





スポンサードリンク








スピニングリールにはかなりお勧めで、絶対に買っておいたほうが良い商品です。

糸ヨレを取った時に本当に綺麗に取れるなぁ~と感動したことを覚えています。

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ クリスタルフラッシュでワームを少し加工してアピール度を上げる

次のページへ エビパターンについての勝手な見解

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています