クリスタルフラッシュでワームを少し加工してアピール度を上げる

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

クリスタルフラッシュでワームを少し加工してアピール度を上げる ブラックバス釣り



クリスタルフラッシュと言われても何それ?となりますね。

クリスタルフラッシュと言われても知らない方が多いと思います。フライフィッシングをされる方ならフライを自作されるときに使う事もあるのでご存知かとも思います。

これがクリスタルフラッシュと言われるものですが、プラグのフックに毛のように付いている事もあるので皆さんも見たことはあると思います。

後は海釣りをされる方でエビのワームの触角や足の偽装についている場合などもあります。

写真ではわかりにくいですが、虹色に色々な角度でキラキラ光るナイロン素材です。どこから見ても必ずどこかが光っています。

セコ釣りの為、最近2インチの極小ワームを頻繁に使うようになり思ったのですが・・・2インチワーム本当にフォールする際に全くと言って良いほど動きません。

ゆっくり落ちるだけ・・・小さいのでどうしてもシュリンプの足部分?の動きも硬くなってしまうので、アピール力にかけるなぁ・・・と常々思っていたわけです。





スポンサードリンク








シュリンプ系のワームなら大きい物なら、ラバージグのトレーラーとして使用して、その存在感やラバーの動きでかなりのアピールになるのですが・・・

そもそもハイプレッシャーな場所で毎日のようにルアーをひっきりなしにキャストされているバスにと、プレッシャーの低い2インチ仕様なので、流石に2インチにラバージグは無いですし・・・

小さいサイズのラバージグも売って入るのですが・・・ノーシンカーをメインでとなるとシンカーが不要、何よりラバーが太すぎて2インチの小さいと言う利点が失われてしまう・・・

アピール力があり、尚且つ2インチのワームの小さいと言う利点をそのまま・・・と悩んでいたところ、クリスタルフラッシュでワームに一手間加える事にしました。

まぁこんなセコ釣りの為の商品は売られていないのでもちろん自作する事になるのですが、最近は自分でワームにラバーの足を付けたりと加工される方も多いので特に珍しくは無いのですが・・・

作り方は簡単で好きな長さにカットして針で縫い通すだけなのでかなり簡単です。写真では光がうまく映らないのですが、実物はかなり光っています。水中での動きも滑らかでまさにエビの触角のようです。

アピール力はかなり高く日の当たる場所では水の中でもかなり光って見えます。あと沈むスピードが抵抗のおかげでゆっくりしたものになます。

1日交互にクリスタルフラッシュ有りと無しを使ってみましたが、アタリは断然付けているほうが多かったと思います。正確ではないですが・・・ただ、普通に40UPも釣れているので、特に釣れなくなると言う事はありません。





スポンサードリンク








濁りの強い場所では不利なノーシンカーのアピールUPにはなっていると思います。着水後のフォールの時間が長くなるので、フォール時のアタリが多くなったような気がします。

良い事ずくめのようですが、問題点もあり・・・

まずアタリが多くなのですが、ギルの猛攻もかなり増えます。

あとトロロ藻には弱いです。掃除が面倒です。それでも想像以上にキラキラ光るので、少し濁りのあるポイントではお勧めできる加工だと思います。

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ ワームホルダーを使用してワーム長持ち&フッキング率向上

次のページへ スピニングリールの糸ヨレを直す方法

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています