2馬力エンジン VS エレキモーター

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

2馬力エンジン VS エレキモーター



平成15年6月1日の規制緩和により2馬力以下の免許が不要になり、琵琶湖でも良く見かけるようになったエレキ搭載or2馬力エンジン搭載ボート

フロートボートを購入するにあたり、色々調べてみたのですがどちらも一長一短あるようで、こればかりは使う人の使い方と満足度で大きく変わってくるようです。

私は小規模~中規模での使用なのでエレキを主体に考えていますが、2馬力エンジンには2馬力エンジンの魅力も多く存在します。

まずは2馬力エンジンから

ホンダ 2馬力4スト 空冷

トーハツ 2馬力4スト 水冷

スズキ 2馬力4スト 水冷

4ストではなく2ストも存在していますが、音と環境の事を考えると4ストになるそうですが・・・2ストは壊れにくく4ストは壊れやすいとの事・・・まぁスクーターも今や全て4ストに変わりつつある環境志向なのでここは4ストかと・・・

琵琶湖では2ストは基本的に使用禁止ですが、この免許不要艇に限っては2ストも対象外なのだとか・・・でもいつ適用されるかわからない2ストは、周りの目も気になるそうなので4スト主体で考えたほうが良いのかもしれません。

壊れにく2スト凄く魅力的ではありますが・・・あと空冷と水冷では空冷のほうが若干メンテが楽だそうです・・・がそこにも一長一短あるそうです。( ̄▽ ̄;A

メリットとしては

● 燃料を補給すればエンジンが壊れない限りどこまでも移動でき、エレキのようなバッテリー切れの心配からは解放される

● 移動速度もそれなり小走り?程度稼げるので大きく移動する際には重宝する

● しっかりとしたボートなら風の弱い時は琵琶湖本湖の沖にも出られ、海でのボート釣りにも使用できる

デメリットとしては

● 小さな移動をしながらの釣りは出来ない

● 音がうるさい!小規模な場所ではまず無理!使用厳禁のポイントも多い

● メンテが面倒で壊れた時に高額に修理費がかかる

● 車内がガソリン臭くなる





スポンサードリンク








そしてエレキモーターですが

ミンコタ ENDURA40

モーターガイド BULLDOG ブルドッグ 40-30インチ

エレキにはハンドコントロールとフットコントロールの2種類がありますが、それはまた次回に

メリットとしては

● 取りあえず静か!電動なので当たり前ですが・・・

● 重量も軽いものがあり持ち運びには便利!

● 細かく小刻みな移動が出来る

● 本体のメンテは楽

● 車内はガソリン臭くならない!

デメリットとしては

● 1日使おうと思うと、かなりの重量のバッテリが必要で数日前からの準備も大変

● スピードは様々だけどやはり基本的には遅い

● 2馬力と比べると軽いが、バッテリーなどを含めると結局重くなる

● 常にバッテリー切れでの心配が付きまとう

● パワーのない物を選ぶと風で戻れなくなる





スポンサードリンク








以上メリット、デメリットは選ぶ機種や使用環境によって大きく変わりますのであくまでも参考ですが・・・

私の場合は基本的には小規模のポイントでのシンカー利用なので、音の大きなエンジンは最初から除外ですが

少し大きなゴムボート等で琵琶湖等の大きな場所では2馬力エンジンのほうがバッテリー切れの心配もなくお勧めだと思います。

ただ琵琶湖でも小刻みに移動をしたいとお考えの場合は、エレキ&重量20kg以上のバッテリー複数持ちが基本になるそうです。

今回私が購入する予定のフロートボートは、直ぐに準備できる!軽量!が売りなので、出来るだけ重量を上げる使い方はしないでおこうと考えています。

重量をガンガン増やすくらいなら、違うボートを考えます。あくまで小規模なポイントへ手間をかけずに攻略できるように考えていきますのでバッテリーは極力小さなものを考えています。

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ フロートボートに必要な装備を考える(構想編)妄想?

次のページへ エレキに使うバッテリーを考える

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています