ブラックバス釣り ルアー釣り初心者のポイントの攻め方

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

いきなり釣り場の縁に立たない



ポイントに到着したらまず最初に、水辺までは行きません。少し離れたところから、自分が立つ予定の足元あたりから必ずせめて行きます。

初心者の方の多くは下の写真の青い部分に入って、黄色の部分へキャストしている事が多いです。

いないとは言いませんが黄色い場所に投げる前に、必ず少し離れたところから気配を消して赤い部分を攻めるようにしてください。いきなり青の場所に立たないように注意しましょう。

特に大きなサイズの物は障害物の影に潜んでいることも多く、青い色の場所に立った際に逃げて行ってしまいます。

オフセットフックやガード付フックで障害物に滑り込ませるように際に落とし込みます。これを1日するだけでも数匹のバスを釣ることが出来る位、こう言ったポイントを攻めるのは鉄則となります。





スポンサードリンク








魚は縁(ふち)による習性がありますので、自分が立つ場所も必ずポイントになることが多いからです。

これは意外と実行できていない人が多いですが、思いのほか釣れる事が多いです。

おかっぱりに立って、遠投して全然釣れないという時は、灯台下暗しという事が多いです。

真っ直ぐ投げるよりも、横に向かって縁沿いなどを先に重点的に攻めるように心がけましょう。

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ 釣っている人のタックルは極端に参考にはしない

次のページへ 音がいいときもあれば悪いときもある

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています