ブラックバス釣り ルアー釣り初心者が失敗する音の問題

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

音がいいときもあれば悪いときもある



釣りをしていて、ルアーを投げた際の着水音について、余り音を立てないようにと言うことを良く聞きます。

でもこれは時と場合によります。





スポンサードリンク








ナイーブなバスのときは確かに逃げてしまいますが、活性の上がっているバスの場合は向かってきます。

ただ、闇雲に大きな音を立てるのではなく、最小のうちはナーバスなバスがいるかも?と着水音を出来るだけ小さく始めて、だんだん重めのタックルに切り替えていくのが良いでしょう。

音が悪いと言う考えは少し考えたほうが良いです。

渓流釣りでは絶対にだめですが、バス釣りの場合は、上から落ちてきた昆虫などの音に敏感に反応する状況などもあります。

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ いきなり釣り場の縁に立たない

次のページへ ランガンが必ずしも良いとは限らない

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています