ブラックバス釣り ルアー釣り初心者にお勧めのダウンショットリグ

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

基本はダウンショットリグ



ダウンショットリグは昔から、数釣りの定番として使用されているリグの一つです。

色々と試してきましたが、これに勝るものはなかなか見つけられません。(〃▽〃)





スポンサードリンク








ULの竿で、リールはスピニング、ラインは4LB、シンカーは1号(1/8oz)~2号(1/4oz)あたりをメインに使用していればワームはどのタイプでも問題はありません。

数釣りにおいて定評があるのは、フリックシェイク、ゲーリーシュリンプ、ゲーリーグラブあたりは間違いない部類になると思います。

風の無いときは軽めのシンカーで、向かい風や遠投が必要なときは重めのシンカーを使用します。

ウィードや障害物が多いときはノーシンカーウキキャロに変更します。

ダウンショットリグ バス釣り 仕掛け

春や秋冬には上の仕掛けを1本必ず持っています。2インチシュリンプは数釣りには欠かせないアイテムです。

ダウンショットリグだとこんな感じの仕掛けが一般的ではありますが、ワームから錘までの距離に関しては、人それぞれでほぼ0の長さにする人もいれば、50cm程開ける方もいます。

私はシンカーからワームまでの距離は状況に応じて調整しています。少しバスが浮いていると感じた時は長めに、底にいるなと思うときは極端に短くと言ったように、浮き釣りのタナを調整するイメージで変えています。

アクションも1点シェイクから、ズル引き、中層巻きまで色々な使い方が出来るのもお勧めです。

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ リールはスピニングリールを使う

次のページへ ノーシンカーワーム

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています