Gary Yamamoto 5"Sanshouo(5インチ サンショウウオ) 重さ&使い方&飛距離

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

Gary Yamamoto 5"Sanshouo(5インチ サンショウウオ) 重さ&使い方&飛距離



Gary Yamamoto 5"Sanshouo

1パック / 6本入り 6colors

重さの平均は約14.5g(公式では約14.5g)

Gary Yamamotoが2017年の新商品として打ち出してきた、このサンショウウオ!、公式サイトでは解説がいつもと違って少しお茶目ではありますがw

テール形状もかなりのアピール重視としてかなり大きく作られています

そしてその5インチと言う大きさの割に、触ってみると、流石ゲーリーマテリアル!とても柔らかい構造です

扁平ボディになっているので、フッキングの際はかなり針乗りが良さそうな印象です





スポンサードリンク








重さは6本で約87gでしたので1本約14.5g、ベイトでもノーシンカーで十分キャストできる重量があります

形状的にはノーシンカーと言うよりは、テキサスでの使用やトレーラーとしての使用が良さそうな印象ですが、ノーシンカーでのスイミングでもかなり楽しそうな形状になっています

カラーが未だ6カラーしかないのが少し残念ではありますが、頭に5"(5インチ)とついている所を考えると、人気が出た場合はサイズ展開もあるのか?と言う気もしますねw

日本デザインのワームにはあまり人気の無い、リザード系?に位置付けされるのか?

公式でのアクション動画を見る限りは、ボトムを移動させるリザード系の使い方が一般的なイメージなのかもと言う感じです





スポンサードリンク








推奨フックサイズは 公式で #3/0~#4/0 となっていますので、私は泳がせる際にフックに板錘を巻いて姿勢を安定させたりするかもなので、デコイ キロフックワイド #3/0を使用する予定です

公式では#4/0までと書かれていましたが、印象的にはマテリアルの柔らかさを活かしたいのであれば、#3/0あたりがお勧めになると思います∑d(・ω・*)

ワイドゲイプの物では写真のように大きくなりますので、通常ではノーマルのデコイ キロフック #3/0がお勧めになります

ただ今回も高いなぁw 1本200円かぁ( ̄ー ̄; 買いますよ?買いますけど・・・やっぱ高いなぁ( ̄ー ̄;

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ Mokory Craw(モコリークロー)

次のページへ 3"Angry Stick (3インチ アングリースティック)

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています