新リグ?STEALTH BLADE RIG(ステルスブレードリグ)(名称仮)を作ってみたw

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

新リグ?STEALTH BLADE RIG(ステルスブレードリグ)(名称仮)を作ってみたw



アクションを入れないと冬に釣れないヘッポコ管理人ですが、今までも色々とあれやこれや、失敗作を量産し・・・今回もちょっとどうかなぁ・・・と言う思いつきで新しい?リグを作ってみました。ヽ|・ω・|ゞ

晩秋から初春のとにかく釣れにくくなるこのシーズンにおいて、ヘッポコ管理人が一番フィネスで重要視しているのが・・・

最小限の移動距離で最大限のアピールが出来るアクションをいかに作れるか・・・と言う事を常に考えその理想に近づけたいとアクションをしています。

そしてもう一点が、常にリアクションでの誘いを重要視して、中層やボトム(底)で跳ね上げさせる際にいかにイレギュラーな動きが出来るか・・・

あれこれ考え、アクションを研究して、何とかうっすらと答えが見えてきたようなここ最近・・・幻覚かもしれませんがww

ここ数年はずーっとそのようなことを考え、そうなるようなアクションを心がけてきましたが

先日チャーターベイトなるものを使用していた際に、この存在感はやはり凄いなぁ・・・Σ( ̄□ ̄;)

ただ、この波動を出した後にステイさせてノーシンカーのように自然なフォールができたら、もっといいのに・・・( ̄ー ̄;

ブレードだけを外して使おうかとも考えてやってみたのですが、やはりブレードが鉄製では幾ら小さいとはいえかなりワームに影響を与えるし

何よりスローな分、見切られやすいような気も・・・

丸見えなフラッシングしない鉄の板なんて食ってくれないだろうしなぁ・・・

これが透明で軽い素材なら・・・Σ( ̄□ ̄;)透明!!あるじゃん!!しかも軽い!!

いつも相談する方達に、あれこれ聞いて、いつも失敗ばかりする私ですが( ̄ー ̄; これは行けるかも(☆-☆)

素材には割れにくく軽くて耐衝撃性に優れたポリカーボネート1mm厚を使い、カットして穴あけ、そして研磨、スナップは最強強度のボンバダ#1が丁度セッティングしやすい加工





スポンサードリンク








引っぱり強度の実験は20lbラインで行いましたが、先にラインが切れるので強度的には十分使用に耐えうる強度があります。

瞬間的な強度テストも、いつも使うPEベイト2号でのフルフッキング20回連続でも問題無く耐えきり、と言うか無傷でした∑d(・ω・*)

60アップであろうと壊れることはなさそうです。(☆-☆)その60アップは来ませんけどww

そして何よりポリカーボネートなので比重がほぼ水に近い1.2と超軽いw ナイロンラインで1.14 フロロだと1.78 金属系は比重7位ありますから雲泥の差です!

しかも水の中では透明なのでステルス性も完璧!(*゚∀゚*)!

軽いと何がいいのか?とにかくブレード自体が小型でかなりの軽量なのでフォール姿勢にそれほど大きな悪影響を出しません。

極小のネイルを入れた程度の影響しか受けませんでした。

リフト時には千鳥アクションが発生して、その後自然に近いフォール

シェイクを入れると想像以上にイレギュラーな動きをだし、ブレードが進行を抑えてこちらに来ない!!

ジャークさせるとブルブルとした存在感とステイをおりまぜられるアクションが可能に

シュリンプやホッグ系をノーシンカーでボトムで連続トゥイッチを入れると、想像以上にイレギュラーな跳ね上げで、逃げ惑うエビのようです(*゚∀゚*)!

特に私は逃げ惑うイレギュラーなエビの動きをどうやって出すかと考えていましたが、これを使うと今までの苦労はなんだったのか・・・と言う位いい跳ね上げをしますww

ヤマセンコーなどはトゥイッチを入れてダートアクションをメインに使ったりしていましたが、こんなリフト&フォールは市販品ではなかなか無いと思います。

ノーシンカー状態で動と静を組み合わせられる状態に出来ます。

ただ、これ作るの結構大変でww

最終のチェックで、小型のボトム使用の跳ね上げブレード(右側)と中型の中層や表層、リフト&フォール用のダートブレード(左側)の2種類にしました。





スポンサードリンク








基本的にはボトムに落として使うリグなので、チャーター同様にウィードを拾いやすいシーズンには不向きです。

ただブレードは小さいので多少の回避は出来ます。

11月13日のテスト釣行時には私はシュリンプ用を、GIRUYANさんはヤマセン用をテストして頂いて、低活性時期にお互い数匹のバスを釣り上げることが出来ました。

終盤57cmの強烈バイトでも全く問題無かったので、釣果&強度的には本当に安心できました。(゚ー゚;A

あと8名程のフィネスな釣りをする方にテストをお願いしているので、今後は改良点を探しながら、仕上げていく事になるとおもいます。

流石にこんなパーツはメーカーさんも作ってくれないでしょうねェ( ̄ー ̄; 軽いだけの頑丈で透明なただの板なので( ̄▽ ̄;A

もし作ってくれるメーカーさんいたら、データ全て渡すのでご連絡くださいw権利もすべて譲ります。作るの大変なので・・・彡(-ω-;)彡 儲け出なさそうだし・・・無理か・・・ww

何だか凄くくだらないただの板ですが、必要とする部分はかなり達成できていると思うので、真価は冬に問われることになると思います。

低活性時期のベタ凪の際のアピール系のリグとして今後使用していく予定です。

今はまだ試作段階なので、いい感じに仕上がればPDFデータにしてサイトに置きますので、作ってみたいと思う奇特な方はまた使ってみてください。

現在は上のベイト用を試作段階です。ちなみに名称はSTEALTH BLADE RIG(ステルスブレードリグ)(名称仮)の予定です。( ̄ー ̄;

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ ノーシンカーワーム

次のページへ STEALTH BLADE RIG(ステルスブレードリグ)完成形?と作り方

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています