パワーフィネスでの極小アタリの重要性 バス釣りの仕掛け

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

パワーフィネスでの極小アタリの重要性



パワーフィネススタイルをする上で重要になってくるバスからのリアクション、アタリについて管理人の勝手な見解をまた書いていきます。パワーフィネス使いとしてはまだまだ未熟な管理人なので・・・一流バザーの見解ではなく素人の見解ですのであくまでも参考ですが(笑)極めたいものですねェ(lll-ω-)

パワーフィネスのタックル、EX.F~FのロッドでPEラインを使うと初めての方はその感度に驚愕される事と思います。

今までうっすらとしかわからなかった、底の状態やウィードの感覚、各ストラクチャー(障害物)の感覚が明確に手に伝わってきます。まさしく手が目になったみたいと言う表現です。

今までアタリかな・・・と思っていたものも、はっきりとアタリとして認識できるようになります。∑d(・ω・*)

ただ、どうしても今までのライトタックルとは違ってラインが少しパワーのあるlb(ポンド)に変わって見切られることも多くなりますが( ̄▽ ̄;A

そんな高感度なタックルを使用して初めて、今まででは感じられなかった、さらに微細なあたり?と言うものがパワーフィネスを使用するようになってから感じるようになりました。

それはナイロンやフロロではもしかすると感じられないほどの、ラインの違和感程度の・・・あたりとも呼べないような、ただ違和感としか言い表せないものです。それを無視せずに繊細に対応していくのが、パワーフィネススタイルの面白い点でもあります。(☆-☆)

ヘラブナ釣りで言うと浮きが少し揺らいだような感覚と言えば伝わるでしょうか・・・あたりではなく何かがふれた様な違和感が伝わることがあります。

この時、初心者の頃は何だろ?っと竿を小さくしゃくってみたり、あたりか?と思いながらも、そのままアクションを続けたりする場合があると思います。とにかく竿を動かしてしまいがちです・・・(lll-ω-)そして・・・アタリだったのかなぁと終わってしまう事が多いです。(T∇T)





スポンサードリンク








この時の行動として正しいかどうかはわかりませんが( ̄▽ ̄;A 管理人の行動は・・・・何もせずに待つ!!!です。ヘラブナ釣りの時に浮きが揺らいであわせる人はいませんし、それを動かす人もいません。

もし本当にバスがそこにいるのなら、すでにそのワームはバスの標的になっています。あえて見切られるような動きはせずに、相手が口を使う状態まで持って行くのが正解だと思っています。

そしてこの後の取る行動としては

①静から急激な動でリアクションで喰わせる

②相手が口を使うまで我慢する

のどちらかになるのですが( ̄▽ ̄;A 触るか触らないかだけの違和感の時に喰わず、本当にバスがそこにいるのであれば、そのバスの警戒心が異常に高いのだと管理人は判断しています。

そんな凄く警戒心の高い状態のバスがリアクションで喰ってくるかと言うと、私の感覚では2:8位でリアクションでは喰ってこないことのほうが多いと感じています。

じゃあどうするのか?ここからは管理人の勝手な行動なのであくまでも参考にしてください( ̄▽ ̄;A 管理人の行動は、まずはそのまま放置30秒、この時絶対に竿を動かさず、ラインを張るか張らないかのギリギリの状態をキープする事にただただ神経を集中します。

そして全く反応が無い場合は、本当に数cmだけ竿を動かします。そして30秒また様子を見ます。本当にアタリがあったのならその後にもリアクションがありますが、無い時は見切られたことも考えられます。ただ私はこの状態を繰り返し5分位待つこともあります。バスとの我慢比べだと思っています。φ(..;)勝った時は一気に持って行きます(☆-☆)

昔は今と違ってバスを飼育する事が可能な時代がありましたが、私も飼育していました( ̄▽ ̄;A 飼育したことがある事がある方はわかると思いますが、バスは本当に獲物をじっくりと観察して捕食することがあります。食い気のある時は生餌を入れると直ぐに追い掛け回して喰いついてきますが、そうでない時はじっと餌を見つめて何分も観察してから、いきなり捕食したりします。

これ食べても大丈夫か?っと考えている・・・その状態で直ぐにワームを回収してしまうのが一番勿体ない事だと管理人は特に考えています。





スポンサードリンク








目の前で何か動いた!!餌かもしれないし、違うかもしれないが、何かが動かずにとどまっている・・・どうしよう・・・そんな状態では動いてしまう事で見切られる事にもなってきます。

確かに動かしてリアクションで喰うタイプもいますが、慎重なタイプにはじっと観察して、危険が無いかを判断してから、触ってみる(口を使う)タイプも数多く存在していると思います。

または匂いを嗅いでいる?のかも知れません。ご存じない方も多いですが魚は犬よりも優れた嗅覚を持っています。(☆-☆)匂いとても重要です!

そしてそんな極小のアタリの時に釣れたバスの多くは、大きいサイズだと言う事です。その為管理人は出来る限りその違和感程度のあたりを大切に釣行しています。

Finesse(フィネス)と言う言葉、本当に良くあてはめられた言葉だと思います。 ⇒意味【 繊細で巧みに処理すること 】

ただ極小アタリ時に止めておいて匂いをかがれることを考えると・・・ゴム臭の強いワームは要注意ですねぇ( ̄▽ ̄;A

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ フィネスで重要!?のラインの感覚?

次のページへ ソリッドティップとチューブラーティップの違い

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています