3Dルアービルダー(気分だけ)への道Ⅱ 組立からテスト印刷編 バス釣り

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

3Dルアービルダー(気分だけ)への道Ⅱ 組立からテスト印刷編



今回組み立てたのはALUNAR Reprap Prusa i3 3Dプリンター になります

キットにはドライバーからレンチ、リッパー、結束バンドなど組立に必要なものが全て入っていましたΣ( ̄□ ̄;)

個別に準備するものは特にありません

テスト用のPLA樹脂も300g?~500g?ほど入っています

レビューを見ているとワッシャーがいる場合や、少し加工しないといけない場合などもあるようでしたが

私の場合は特に不要でトラブルなく組み立てられましたヽ|・ω・|ゞ

ただ一つだけコンセントが 3P電源プラグタイプなので、普通のコンセントに刺す場合は2P変換アダプタが必要になります

2P変換アダプタ ←こういうのがいりますので先に購入しておかないと使えませんw

私は3P電源用のコンセントもありましたが、ほかで使用しているので

2P変換アダプタをホームセンターで500円位で購入しました(〃▽〃)

組み立て途中にXYZ軸のコード接続で一瞬??となりましたが、それ以外は特に問題なくスムーズに組み立てられました

終わってみての感想としては、少し工程の多いラジコンプラモデルを組み立てる感じ程度で、組み立てにかかる時間は5時間もあればと言う感じです

まぁ基本ビデオ見ながら組み立てるだけなので、それほど難しいという印象はありませんでしたが





スポンサードリンク








ただ、少し機械が苦手な人は躓く場合もあるかもしれません

組み立てよりもその後の軸調整のほうが時間がかかった印象ですw

軸調整さえすればある程度のものは印刷できますが、印刷時に形状に無理がある場合はサポート材の設定などをしてから印刷します

使用するソフトは同梱されている、CURARepetierHostのどちらかを使って印刷できます∑d(・ω・*)ワタシハCura!

設定方法は付属のPDFファイルに数値が記載されているので、それを入力するだけです

印刷するデータはFUSION360で用意します

印刷したいボディを選択して、メニューから3Dプリントを選択

使用するソフトCURAを選択してOKを押すと

自動的にCURAが起動してデータが表示されます

後は名前を付けて*.gcodeファイルをSDカードに保存するだけで準備は完了です





スポンサードリンク








出来上がったデータを3Dプリンタに差し込んで、プリントすれば印刷されます

テストでの印刷なので荒目でスピード優先で3時間程でプリント終了

自分で使うなら問題無いレベルで印刷できましたw

パテでの補修などは必要ですが、適当ならそのままでも使えますw

高解像度で綺麗に印刷する場合は5時間程と時間が表示されていました

印刷速度や高解像度の数値や、印刷時の向き、サポート材の量などで印刷時間は大きく変わりますので

自分の満足できる仕上がりを探そうと思います

さてこれで、色々なルアーのデザインができるなぁ(〃ω〃)

あと思ったのが、羽根物の羽根も一度作って試してみようと思います(*-∀-)ノ゙ケイリョウカ!

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ 3Dルアービルダー(気分だけ)への道Ⅱ 格安3Dプリンター購入編

次のページへ 3Dルアービルダー(気分だけ)への道Ⅱ テールを自作してみる

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています