3Dルアービルダー(気分だけ)への道 下地編① バス釣り

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

3Dルアービルダー(気分だけ)への道 下地編①



人気の無い連載記事の第8回からは(*-∀-)ノ゙

3Dプリンターで出来上がった。ルアーの塗装前の準備編になります。前回完成した3Dデザインからの3Dプリントは我が家に無事3Dプリンターが来たら再開しますw

それでは、間は抜けますがw 印刷されたルアーボディの下地ですが・・・失敗経験者は語ります・・・塗装する前に下地が重要!!!!!!!((((;゚Д゚))))アカーーーン!

そんな失敗を踏まえて・・・( ̄ー ̄;

前回は下地に何も考えずに白のアクリル塗装をベースに行っていましたが・・・まぁ本番塗装との相性が悪く、クラッキングは起こすし、セルロースセメントとの相性も最悪で色流れでボロボロwww

仕事でよくアクリル塗装をするので・・・ついでにと思ったのが最悪でしたw 流石に素人感丸出し( ̄ー ̄;

まぁ失敗しても怒られるわけで無し・・・これはアカンと判ったのでいいんですけどw

取りあえずセルロースセメントでのトップコートの際は、色流れ対策をしっかりしないとかなり酷い事になると言う事が良くわかりましたw

まぁ自分で使うなら売るわけで無し、なにも塗らなくてもいい・・・と言う方・・・実際に多いそうですww

3Dプリンターでルアーを自作している方は、フィラメントが色々なカラーで販売されているので、そのまま使う方が本当に多いそうですw

まぁ確かに格好よく塗装したところで、バスの反応が如実に変わると言う事は無いのですから( ̄▽ ̄;A

赤系が欲しければ赤いフィラメントを使って製作すればいいだけw

塗る必要なく、はっきり言って完全に自己満足の世界ですw( ̄ー ̄;





スポンサードリンク








まぁそれでもトップコートまでしておくと、強度は確実に上がるので、全て無駄と言うわけではないと思いますが・・・

さて、取りあえず下地をやっていきますが、3Dプリンターで出来たのならもうそのまま塗ればいいじゃん・・・と思う方も多いと思います( ̄ー ̄;

まぁ、塗れない事も無いのですが・・・

3Dプリンターと言うのはフィラメントと呼ばれる素材を、細いノズルの先端から溶けだしたものを、積み上げて作られています

ですので、拡大すると

自作ルアー ハンドメイドルアー 作り方 3Dプリンタ

このように、積み上げた際の細かな溝のようなものがあります

まぁいわゆる表面がつるつるでないと言う事です

これを無くすには、サフェーサーでどぶ漬けにして磨くか、パテを施すか、下地材として何かにどぶ漬け等々表面を整えてやる必要があります

あと、3Dプリントは印刷される際に、ルアーを支えるサポート材と言うのもが、一緒に印刷されます

そのサポート材の支える部分はかなり荒いので、少しペーパー等での処理が必要になってきます

サポート材の説明はまた3Dプリンターが購入で来たら・・・出来るのか?w その時にでも説明したいと思います





スポンサードリンク








取りあえずは今回頂いたナマやんボディ3体、内1体は塗ってみたいと言う方の元へ旅立つので、今回は2個

ナマやんは顔の一部に穴が何故か開く・・・との事でそこをパテで埋めて、ペーパーで磨く作業が必要なのですが・・・

今回はうめさんがパテ&下地のコートをして頂いていたので、少しの成形だけで終りそうですが・・・まぁ流れだけw

下地にはパテで成形の他にも人によって様々なやり方が存在していますが、私は管理が楽なのでパテで細かな成形&セルロースセメントにどぶ漬けで終了を選択する事にしました( ̄ー ̄; 多分一番楽w

セルロースセメントはトップコートとしても使うので、他に余分な物を買わなくて済む・・・と言う安易な考えです

製品化するわけでもなし、これで十分ですW

この手順であれば必要な物はセルロースセメントとパテだけで済みます。セルロースセメントはトップコートでも使うので予算少なくできます( ̄▽ ̄;A

ちなみに私が使っているのが

自作ルアー ハンドメイドルアー 作り方 3Dプリンタ

少し粘度のあるこちらを使う事にしました。確か1kg2000円位?綺麗に仕上げるなら低粘度のほうがお勧めですが・・・管理人は面倒くさがりなので・・・( ̄ー ̄; ダマできますがあまり気にしていませんw

あと成形に使用するパテは

自作ルアー ハンドメイドルアー 作り方 3Dプリンタ

タミヤの光硬化パテタミヤパテ(ホワイト)の2つを使用していますが、光パテは穴埋め以外には使っていないので、タミヤパテ(ホワイト)だけなら200円位?と安いのでそれだけあれば十分だと思います。光パテは便利ですが少し高額なのでお勧めしませんw

次回はパテを塗って下地のセルロースセメントへどぶ漬け⇒乾燥後のちょい加工まで(*-∀-)ノ゙

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ 3Dルアービルダー(気分だけ)への道 FUSION360編⑥ 【連載No.07】

次のページへ 3Dルアービルダー(気分だけ)への道 下地編② 【連載No.09】

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています