フィネスでのスピニングリール 左巻きは必須!? バス釣りの仕掛け

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

フィネスでのスピニングリール 左巻きは必須!?



今回の記事はスピニングでフィネスを始めようとお考えの方向きの、始めてまだ日も浅く、本当にかなり初心者向きの記事になりますので、フィネスを始めようとお考えの初心者以外はスルーしてください。( ̄▽ ̄;A

初心者の方は特に右投げ右巻きの方が多いですね。左利きの方は左投げ左巻き、凄く投げやすくて、巻きやすい。( 〃∇〃)ラクチン♪

利き手が右手の方は、右ハンドルが回しやすいからと言う理由で、右手でキャストした後に左手にロッドを持ち替えて、右手で巻くと言う方、本当に凄く多いと思います。(∇⌒*)

別にロッドを持ち替えるのもそんなに気にならないし・・・このままでいいなぁ・・・とお考えの初心者の方の気持ちも凄くわかります。(゚ー゚;A

皆、なんで面倒な左巻きなんかにするんだろう・・・邪魔くさい、巻きにくいわw

確かに最初は巻きにくいですよねw 慣れるまで面倒すぎるwww

巻物やアクションなどをあまりしない場合の釣りには、右巻きもお勧めにはなるのですが、何故皆巻きにくいのに左ハンドルにしているのか・・・??? 考えてみてください・・・

そして何故、特にフィネスでは左巻きが必須!?になるのか・・・

確かにロッドを持ち替えない分キャスト回数は増えるのでお勧めではあるのですが





スポンサードリンク








フィネスの釣りにおいてはそれ以上に重要になる部分があります。(☆-☆)

それは・・・・アクションです!!(☆-☆) って、なんて当たり前のことを書いているんだwwと思う上級者のかた、こちらは始めたばかりの初心者向きの記事です(゚ー゚;A

EX.FテーパーでULのフィネスに特化したロッドなどでは、竿先で本当に微細なアクションをすることも多くあります。

別に左で慣れればいいじゃんww と思う方もいるかもしれません。確かに出来なくもないですが、利き手ほどうまく使える手は普通の人ではまず無理だと思います。

左右どちらも同じくらい細かいことが出来る方は、どっちでも大丈夫ですけどww両手利きの方はどっちでも大丈夫です。

左右どちらでも、違いない綺麗な字や絵が描けて、どのスポーツでも左右どちらでも行けると言う方は本当に少ないと思います。

例えばテニスのラケットを渡されて逆の手でうまくなるまで続ける・・・それはあまりにも無駄な事で時間の無駄ですよね?

それくらいフィネスで重要になるのがロッドアクションでの操作性になると、ヘッポコ管理人は考えています。

フィネスな釣りで右巻きのリールを渡される事は、私の中ではペンを渡されて字を左手で延々書いている感覚です。





スポンサードリンク








綺麗に書けるわけがない・・・釣れるアクションが出来る気がしない( ̄▽ ̄;A と言うか本当に釣果が下がると思いますww

竿先での微細シェイクやワームを躍らせるような動きなどはもう出来ているようで、私の場合は左手ではできません。

でも左は巻きにくいと考えている方、1日やれば巻くだけの単純な動きであれば、直ぐに慣れます。微細な動きじゃないのでw

ただここで勘違いしないでほしいのですが、一定で巻く巻物では、右巻きが良い時もありますので、その場合は右巻きのほうがいい場合もあります。今回は特にフィネスの記事なので( ̄▽ ̄;A

特にこれからフィネスな釣りをされると言う方、スピニングリールは必ず左巻きから慣れておくほうが、私は釣果に確実に差が出ると思います。

初心者の方は釣具店に行くとわからないかもしれませんので、記載しておきますが、スピニングリールのハンドルは反対のネジを緩めて左右どちらでも使える構造ですので、店頭に右巻きしか置いていなくても、反対に付け替えるだけです。φ(゜▽゜*)

あくまでスピニングでフィネスをする方向きなので、フィネスしない方は右でもいいと思いますw

スピニングの左ハンドルに慣れると、右巻きのロッドを左手に持った際のアクションの無理さが判るようになりますww これ無理だぁーーーwwってなりますww

まだ始めたばかりで、どちらでもぎこちない初心者の方は特に最初から左ハンドルに慣れる事をお勧めします。

超小刻みシェイクとかギルバイト凄いですよwwww 彡(-ω-;)彡

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ 秋の琵琶湖バス釣りポイント

次のページへ フィネスのナイトゲームを始めようとお考えの方に

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています