極寒の冬のバス釣りに立ち向かうグローブ

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

真冬に寒くない完璧なバスフィッシング用グローブを安価で自作する



今回の記事は真冬であろうとバス釣りをする!そんな馬鹿・・・もとい!信念の強い人々に向けた記事になっていますので、真冬に釣りをしない方には一切不要の記事になります(;´・ω・)

真冬の極寒釣行において確実に必須になるのが、ネオプレンタイプのグローブ

素材にチタンを使っているものなど、様々な種類が発売されています

ただ、ブランドものになるとネームバリューでかなり高額に、安いものでも2000円位から高いものだと5000円以上も・・・

基本的には3つの指の穴の開いたものがフィッシンググローブとして発売されて皆さんもそれを使っていることと思います

まぁ、どれだけ高額のものであっても、そもそもが脆いネオプレンと言う素材を使用しているので

使用頻度によってではありますが、大体よく行く人で1シーズン~2シーズン持つか?と言う感じだと思います

そらね・・・指を切ってあるのでどうしても無理があるんですねw

しかも生地自体がボロボロになっていきますので、補修もできずに毎年毎年新しいのを購入することになるんです

また、無いと絶対に寒いというか痛いので、買うしかない!

ただ、買うときに毎回同じものを購入する場合もあれば、新しい製品に手を出したり毎回悩まされる方もいます

そして、大半の人が疑問に感じていない点、これはバス釣りしかしない人には、今まで考えたこともないという点があります

バス釣り以外を真冬にする人は、まぁ知っていると思いますが

皆さんが買っている3本穴の開いたフィッシンググローブ・・・

全部こんな感じですよね。この中指部分の穴・・・・

これ・・・バス釣りでは・・・

殆ど使わなくない?

この指なんで切ってあるの?

そして、この写真でもわかりますが・・・指かなり出てますよね?

そんなに指出す必要ある?

と感じている方もいるかとおもいます

何故なのか?

それは、皆さんが買っているのがフィッシンググローブだからです

????と思うかもしれませんが

バスフィッシンググローブと言う名前ではないのですw

フィッシング全般に使えるグローブと言うことになりますw

実際バスフィッシングにおいて指先を使うことと言えば

ラインの結びなおし、スナップの開閉、フックについたごみを取る、ロッドに指の平をつけて感度を見る・・・くらいだと思いますが

これって・・・2本あいていれば全部できます

そして、こんなに指が出ていなくても、指の平部分だけあいていればできます

フィッシング・・・餌釣り・・・例えば練りエサなどを使用する場合3本あいてないと使いにくく

ある程度の長さ切ってないと指が使いにくいので、このような形状になっているんです

中指切るなよ…そこ地味に寒いんだよ…

今は練り餌ねえよ…

とポンコツ管理人はつねづね思いながら釣りをしていました・・・まぁ2つ穴も売ってはいますが・・・





スポンサードリンク








真冬の極寒釣行で雪がちらついて、ロッドガイドが凍るような世界で釣りをしている方にとっては

この部分が異常に冷たい・・・と言うか痛いことになります

そこで、今回思い切っていつも購入するフィッシンググローブではなく、温かさを追及してさらに安価を目指してみようということで

こちらの3mm ネオプレン ダイビンググローブなるものを購入してみましたw

私はAmazonで購入しましたがその時は送料込み713円、安いカラーは500円台で販売されていますw

ダイビンググローブなので厚みが3mm?あり、その分頑丈で温かいようです

通常のフィッシンググローブの厚みが1.5mm~2mmなので、厚みを気にする方は穴の開いていない、フィッシンググローブを買ってください

そして指先を平の部分だけ出すように斜めにカットします

補修箇所は縫い合わせの部分

こんな感じで指の平部分しか出していません

上から見ると

殆ど指が出ておらず、とても暖かいw

3mm厚と書かれていましたが

計測してみると2mm厚ほどしかなく・・・いい意味で裏切られましたw 実際3mmだとかなり動かしにくかったと思うのでw

ただでも、通常のフィッシンググローブは

このようにかなり薄く作られているので、手のひらを動かす際にゴワゴワしているのが嫌な場合は

1.5mm~2mm厚のフィッシンググローブ穴なしを購入して、カットして加工するほうが温かいと思います

そして到着して装着した印象としては…

すげーピッチリww

ゴワッゴワwww

釣り用と違いかなり分厚く動かしにくい!

そんなぶ厚いの使って本当に大丈夫?





スポンサードリンク








感度死なない?

と言う疑問もあるかと思ったので

先日、釣行で使用してきました

その結果としては…

一切寒さを感じず

動きは堅いのでごわつくものの感度も問題なく

基本的に軽く竿握ってるだけでほとんど手のひらの形状を固定しているので気にならず

巻く方の手も指先しか使わないので気にならない

何故感度に問題がないのか?

そもそも感度の面では

指先に集中しているので普通に指先の平の部分がロッドにあたっていたら問題ないです

先日の釣行でも極小のバイトも普通に指先で感じれましたw

普通のバイトは竿自体に衝撃がくるのでぶ厚かろうと普通に感じましたw

あと買ってすぐに解れて使えなくなったという方も多いネオプレーングローブ

そんな方は加工する為に裏返したさいに、穴のあきやすそうな部分も補強しておくといいそうです

今回は指先もですが手の寒さを嫌ったポンコツ管理人が

ぶ厚いのダイビンググローブを使用して加工しましたが

やっぱりごわつきが気になるという方

ネオプレンの指のあいていないフィッシンググローブを買ってバスフィッシンググローブとして加工してくださいw

そうすることで中指の謎と寒さから解放されますw

ただ、練り餌こねる人はそのまま3本指を(*・ω・)ノ

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ 冬のグローブ Major Craft TITANIUM GLOVE 使用レビュー

次のページへ KOMINE AK-088 Neoprene Warm Socks を買ってみた

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています