ノット難しいと言う方にお勧めのチチワ結び! バス釣りの仕掛け

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

ノット難しいと言う方にお勧めのチチワ結び!



パロマーノットやクリンチノット、ユニノット等面倒くさい人や初心者の方も多くいると思います。

そのまま何回か結んだだけとか、適当に・・・されている初心者の方も多いとおもいます・・・

本来だとしっかりとしたノットを使用するほうがいいのですが、釣り場についた時には忘れてる・・・なんて事もあるとおもいます。

そこで最低限これだけ覚えていれば何とかなると言う事で、初心者やノット面倒な方はこの結びだけ覚えておいてください。

とにかく昔からある結びでどの釣りにでも必ず登場する結び方です。管理人BASSYANは親子3代釣りバカの3代目ですが( ̄▽ ̄;A 35年以上前に今は亡き祖父から最初に教えてもらった結びです。

余談ですが、存命時80歳の時に毛針対決で倍の釣果で完敗、結局一度も勝てずに勝ち逃げされたのが今でも悔しい限りです(#・∀・) ジー様あの世で待ってろよ!あの頃とは違・・・あんまり変わってないか・・・

話がそれましたが、色々と多用できるので初心者や面倒な方にはお勧めの結び方です。

チチワの結び方

まずラインを写真のように折りますが、これは輪に針が通ればいいので、慣れれば小さく作りましょう。

そして輪を作って

その輪を一回ひねり

出来た輪の中に先を通して





スポンサードリンク








結ぶ前に口でくわえて湿らせてから結んでください。これで完成!超簡単!覚えるのはこれだけです。せめてこれ位は覚えてください( ̄▽ ̄;A 小学生でも覚えられる難易度です(lll-ω-)

どう使うかですが

先を針に通して

出来た輪に針をくぐらせて

締めこんでいくと





スポンサードリンク








これで完成!

何故お勧めなのか?それは見た目もっさいですが、その結束強度は最強に近く、パロマーノットと変わらない結束強度があります。

クリンチノットやユニノットよりも強い?はずです。初心者の適当な結びを使う位なら、見た目は悪いですがラインブレイクの危険が減るチチワのほうが無難です。

まぁ覚えたらパロマーノットに変えたほうが、無難ではありますが、初心者の時に釣場で忘れた・・・と言うときはこの結びを使ってください。

しかもチチワが万能と言われるのはいくつかありますが、まずは・・・

結び目を持って強く押し出し

取付とは逆に輪をくぐらせると

フックを外すことが出来ます。(☆-☆) ロッド一本しか無くて、フックをガード付やオフセットに変えたい時など、ノットが面倒な方にはお勧めです。交換が楽!

ダウンショットのシンカー部分をチチワにしておくと、シンカーの交換も楽でお勧めです。

スイベルにも使えて、簡単なラインの結束にも使える万能結びです。しかも強い!結び目がごみを拾いやすいのは致し方なしですが、弱い適当な結びを使う位ならこれのほうが無難です。プラグの際も交換できるので便利です。

私は今でもロッド1本の時で交換が多い状況の時は、今でも使ったりします。(笑)見た目もっさいですが、何より強度優先!

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ スローリトリーブ(スイミング)

次のページへ 覚えるべきパロマーノット、これで完璧!なのか・・・?

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています