ブラックバス釣り ルアー釣り 仕掛け 竿とリール

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

竿とリールを買う



これから初めて釣りをすると言う方は、竿とリールはスピニングロッド&スピニングリールから始めましょう(*^▽^*)

ベイトロッド&ベイトリールは今までにキャストもしたことがない人が最初から使うには余りにも調整が難しく

ライントラブルでいきなり釣り終了・・・なども無くて無難です。( ̄▽ ̄;A

特にベイトリールの場合は初心者のうちはライントラブル(バックラッシュ)を直すだけで

数時間かかって釣りにならなかった・・・と言う悲しい経験を持っている人も多いです

スピニングでも多少のライントラブルがありますが、それでもベイトリールよりはかなりましです

最初に買う竿やリールは釣具店で5000円~10000円位のクラスのものがお勧めです

店員さんに聞くと親切に教えてもらえますので、最初は聞いて買うことをお勧めします





スポンサードリンク








スピニングリールは最初から左ハンドルに慣れておくことをオススメします

竿を持ち替える手間がかからなくなるので、それだけキャスト(投げる)する回数が増やせます

ドラグは緩めで、手で少し力を入れて、ほんの少しだけ糸が出る感じにしておきます

2000番あたりのリールが扱いやすくお勧めです

次に竿ですがポンコツ管理人のように数釣りのセコ釣りスタイルでも釣りたいという方には

6'~6'6"フイートのアクションがUL~Lの竿をお勧めします

最初は普通にやってみたいと言う方は6'~6'6"フイートの アクションがL~Mの竿がいいと思います

ノーシンカーを使いこなしたいと言う方には断然6'~6'6"フイートUL~Lの竿をお勧めします(〃▽〃)

初心者のうちから高いものを買っても、その特性を生かしきれません

慣れてきて竿のどの部分に不満があるかを、自分で正しく判断できるようになったら、自分にあった竿やリールを探していきましょう

ただし、最低限のクラスのものは使用しておくほうが良いです

余りにも安竿セットだと、初心者でも本当に釣果に関わってきますので・・・

竿は1度買うとかなり長持ちしますので最低限の物は買うようにしてください

お小遣いアングラーにはきついかも知れませんが、頑張って買いましょう!





スポンサードリンク








よくセットで5980円とかで入り口付近で売られているものは避けたほうが無難です

釣れないことは無いですが・・・釣りを続けていくときに間違いなく使わなくなります

竿とリールは極端な安物でなければ時に問題はありません

安くても楽しく快適に釣りが出来ていればそれでいいんです

上のランクになれば良いのは当たり前ですが、そこそこの物を買っていればバスは釣れます

高額ロッドや高額リールはどちらかと言うと自己満足の世界になっていきます

あまり安すぎる物はトラブルにつながるので、そこそこを買っていれば釣りは可能です

考えてもらうとわかりますが、F1カーをいきなり初心者マークの運転者がハンドルを握るようなものです

安すぎる車は事故にも繋がりますが、初心者にはスポーツカーではなく乗用車が一番です

乗用車に乗り慣れたらスポーツカーが欲しくなる!順を追って使うのが一番の上達の道だと思います

続いてのページで幾つか竿とリールを紹介していきますので参考になれば幸いです

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ ロッドのテーパー(調子)の違いについて

次のページへ 初心者向きのスピニングリール紹介

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています