IMAKATSU STEALTH swimmer ステルススイマー 強化改造方法

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

IMAKATSU STEALTH swimmer ステルススイマーを強化改造する



IMAKATSUから発売されているSTEALTH swimmer(ステルススイマー)

ストラクチャーがあろうとその殆どをかわすことが出来るすり抜け性能、リップラップにゴツゴツあてながら底をスローに引いていてもテールはきちんと動き、スタックする事もほぼ無く

フォール時に頭から下に向かって沈んでいくときのテールのなまめかしい動きはもう絶品の一言です。(*゚∀゚*)!

ヘビーなマット状になっているウィードに打ち込んでポケットに落とし込んだりしてもそのすり抜けの見事さはもう驚愕に値する、完成されたと言ってもいいくらいで最強のスイムベイトと言えるのでは?((((;゚Д゚))))

とヘッポコ管理人BASSYANは勝手に思っていますw でもここまでストラクチャーを気にせず巻けるスイムベイトって多分なかなか無いと思いますw

ただ!!1点だけ最大の問題が・・・・それは脆さです・・・もう脆すぎてどうにもできません(T∇T) IMAKATSUさんこの脆さは期待して買った子供たちが絶望する脆さです(TДT|||)

次また買えばいいやと言える、予算に余裕のある大人であればまだ納得できるかもしれませんが・・・流石にこれは酷すぎます。

周りで使用する4人共がお腹の部分が、フッキングした際やバラシた際、釣り上げた際、特にシンカー付きのタイプはウィードから外す動きだけで裂けた事例も・・・((((;゚Д゚))))

後はバイトの際の衝撃で磁石が外れる人が何人か・・・釣れる前に壊れた方のほうが多いΣ(|||▽||| )

私もバス2バラシとナマズ1匹でお腹部分が裂け、磁石も取れかけに、とにかく半殉職状態になりました(T∇T)

何だこれ糞アイテムだと投げ捨てるのは簡単ですが、ここまでマットの中やロックエリアをガンガン当てながら巻いて来れる物は、オフセット形状のワームでないと難しいと思います。

しかも形状的にすり抜け性能は抜群です。構想は本当に素晴らしい商品です。

ワームだとマットに打ち込んで揉み込むだけで、1時間もしないで頭の部分が裂けてきたりしますが、ステルススイマーではそう言った事が起こりません。





スポンサードリンク








この弱い部分を補強できさえすればこれから確実に1軍アイテムとしてやっていけるはずですw

メーカーのほうでも壊れやすいとの事を謳ってはいますが、流石にこれでは安心して使用して行けない・・・次いつ手に入るかもわからないのに・・・

コンセプトは素晴らしいだけに何とかならないかと、あれこれ考え

まず試したのが裂けている部分の接着、樹脂用ボンドを使用しての接着では薄すぎてつかず・・・柔らかいマテリアルがボンドを簡単にはがしてしまう・・・

次にワームなどでやる燃やしての接合、こちらも一応は接着されましたが、薄い接合なので、キャスト途中で直ぐにまた裂けてきてしまう

やはり問題なのはジグ部分の厚みがあまりにも薄く出来すぎている事が要因だと考えられ、もうそこを補強するしか手が無いと判断しました。

ただ補強するにしてもあまり影響を及ぼさない程度で、しっかり補強をと考えて、0.5mm~0.7mm厚のビニールシートを腹面の弱い部分に外側から強化するのが一番と考えました。そして製作したのがこちら

強化パーツの型はPDFファイルにしてあるので、ダウンロードしてプリンターで印刷するか、7イレブンのコピー機であればプリント⇒普通紙プリント⇒普通のプリント⇒A4白黒で印刷すれば10円で印刷できます∑d(・ω・*)

クリックして保存してください ⇒ STEALTH swimmer強化パーツ型





スポンサードリンク








まずは補強方法ですが使用するボンドは、色々試しましたが最終瞬間接着剤でガチガチに固めるのが最適だと感じました。

お腹部分の薄い部分だけガチガチになっても特に大きな問題はありませんでした。

用意するものは カッターとセロハン、瞬間接着剤、あればカッターマット、そして0.5mm~0.7mm厚のビニールシートです。

0.5mm~0.7mm厚のビニールシートはホームセンターで売られていますが、そこまで量も必要ないので、100円ショップなどで売られている厚手のビニールのバッグ等を切り抜いて使用すればいいと思います。

磁石部分は裏側の所と、内側の所を補強すればほぼ安心です。この時に間違って切れ目を接着しないように注意してください

フックポジションが変わってフックポイントが出てしまうと、ステルス性能が無くなりますw

写真と共に解説を

まずは型紙をビニールシートに張りつけて、カッターで切り抜きますが、先に中心を抜いてください。それから黒の実線をカットします。

このように出来上がります。はい作りすぎww

フィッティングさせて大きさに問題無いかを確認します。大きい部分があるようならカットして調整してください。

接着に入る前に固定されると不味いので、ジグヘッドは抜き取りますが、かなり慎重にやらないと、この作業で裂けますww

広げると・・・・何かこの画像は卑猥では?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) R18?www 中に見えている磁石も瞬間接着剤でガチガチに固めるほうが安心です。

本体のアイの通る穴周辺に少しボンドをつけて先にアイに合わせて貼り付けます。ずれない様に向きを注意してください。失敗すると終わりですww そして周りを乾かしながら順につけていきます。

中の磁石部分はボンドが乾燥するまで少し時間がかかるので1時間程乾燥させてからジグヘッドを戻してください。

これで安心の1軍入りです。あとは大きいのが釣れれば最高なんですが・・・道は遠いですw( ̄ー ̄;

IMAKATSU STEALTH swimmer(ステルススイマー) (リンクを一応貼っていますがステルスは2本で1800円が定価です、それ以上の価格の時は買わないようにして下さい。1800円の時は強化するのが面倒でなければ買いです∑d(・ω・*))

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ IMAKATSU STEALTH swimmer(ステルススイマー)

次のページへ ステルススイマーをステルスそのままでサスペンドチューンに魔改造する

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク