TAKAMIYA FALKEN R BAIT-150 重さ&使い方&飛距離

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

TAKAMIYA FALKEN R BAIT-150


TAKAMIYA FALKEN R BAIT-150

Length:150mm(5.9in) Weight:1.1oz class(約32g) color:5

これ価格間違ってないか?っと思わせる少し変わったビッグベイト?ルアーになります

大きさは150mmとビッグベイトでは少し小さめの部類ですが、ウエイトは1ozオーバーになっています

まぁ何が凄いかっていうと・・・その価格・・・980円・・・・

980円??

送料分がかかるのでもう少し価格はしますが、私が購入したときは送料込みで1040円でしたw

どうせ中国から直送やろ?っと思うかもしれませんが・・・

こちらなんと、れっきとした日本のTAKAMIYAと言うメーカーが販売しているルアーになりますのでAmazonで注文して次の日に来ます

そりゃ作ってるのは海外ですけど、それを言ったらどこのメーカーも海外で作ったものを、日本のメーカーが売ってるわけですから

なので普通にお店に並んでいたり、Amazonや楽天でも販売しています

TAKAMIYA ビッグベイト ファルケン R ベイト 150mm 32g ブルーギル

ネコソギと並べるとやはり一回り小さめですが、印象としては多連結になったジョイクロに、リップをつけたような感じです

販売は北九州のTAKAMIYAと言うメーカーが、輸入して国内販売しているようで、スピナーベイト、バズベイト、ラバージグ、チャター、ポッパー、シャッド、クランク、バイブレーション等々

どれも驚くべき安価で国内販売として流通させています

以前チャターは購入したことがありますがまぁ普通の商品でした → TAKAMIYA FALKEN CHATTER(ファルケンチャター) レビュー

こちらのビッグベイトで少し変わった点が、4連結で頭部分にもジョイントがあり、ナチュラルなS字を出す形状になっています





スポンサードリンク








リップは少し小型で、アイの部分も先端ではなく、顎下の位置になっています

リップはできればもう少し大きめのものがつけば、もしくは取り外せて選択できればもっといいのに・・・とは思いました

アイの位置がなぜここになったのかだけがかなり謎な商品ですw

ただ、スプリットリングとフックは海兼用?の為なのか、フロントフックが異常に大きく、スプリットリングも異常に大きいですw

バス用で使用するのであれば、どちらも変更しての使用がお勧めです

そのままでも強度に心配がある、という事はありませんが、やはり少し大きい感がありますw





スポンサードリンク








テールは少し堅めのテールが差し込まれていますが、価格を考えてもチープ感は少しありますw

一応取り外しは可能なので、テール部分を自作して変えてみるのもいいかもしれません

もしかすると他のメーカーのものを少し加工すれば流用できそうな感じです

フックとスプリットリングを変えるとこんな感じになりました

少しテール部分にチープな印象はありますが、塗装面等はしっかりとできていて

とてもじゃないですが980円のルアーには見えません

潜行深度は50cm前後とのことなので、少しウエイトを足してネコソギXXXよりも少し上を引きたい際などに使用していこうと思います

このクオリティで980円・・・・これを販売しているTAKAMIYAがバス業界で本気を出してくると、他のメーカーの脅威になることは間違いないでしょう

もうプラス1000円で価格が2000円になったとしても、魅力的なボディラインと、デザイン力を身に着けると普通に売れると思います

基本的に5000円以上するビッグベイト界隈に挑戦状を叩きつけてほしいところですね

手に取ってみるとわかりますがとても980円の商品とは思えない出来で、初めてビッグベイト系にチャレンジしてみたい、でも流石に高額なものは怖くて投げれない・・・・

そんな方の練習用のアイテムとしては十分すぎる性能だと思います

980円ってハードルアーで最近はやりのものでは聞かないなぁ・・・・

ロストを恐れず投げれる事が上達への近道だと思いますので、気になる方は買ってみてください

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ TAKAMIYA FALKEN CHATTER(ファルケンチャター)

次のページへ BOMBER Square-A(スクエアA)

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク


こんな記事も読まれています