Gary Yamamoto 3.5inch HEART TAIL(3.5インチ ハートテイル) 重さ&使い方&飛距離

ばすやん バス釣り 仕掛け ポイント 琵琶湖

Gary Yamamoto 3.5inch HEART TAIL(3.5インチ ハートテイル)



Gary Yamamoto 3.5inch HEART TAIL(3.5インチ ハートテイル)

1パック / 5本入り 8colors

重さは約12.67g

飛距離は・・・(計測結果待ち、計測結果が出た時はツイッターで呟きますので、そちらを確認してください)

2019年にゲーリーヤマモトが満を持して市場に投入してきたこちらのワーム

各社がフラット型のギル型ワームを出す中・・・何故?と言う印象をお持ちの方も多いと思いますがw

かく言う私もその一人ではありましたがww


スポンサードリンク


3.5インチと言う小型な見た目に反して、ウエイトは12gオーバーと言う事で、とてもキャストもしやすいワームに仕上がっています

私自身MHロッドでもノーシンカーで普通にキャストできるウエイトがあります

フックサイズに関しては私自身はデコイ キロフックワイド #3/0をメインに使用していますが、#2/0でも問題ない感じではあります

ただ、やはり少し厚みのある形状なので、ワイドゲイプを使用しているほうが安心な印象があります



しかし、今回発売された3.5インチは単なるダウンサイズバージョンではありません

私自身もプロトの段階ではほぼダウンサイズなのかと、ガッカリ感の多かった3.5ハートテイル

しかし!ヘッド部分の形状を比べてもらうとわかるとおり

スムーズなヘッドで水の抵抗を受けないノーマルサイズに比べて

3.5インチはヘッド部分の水噛みを大きくとり、少し窪ませたヘッド形状になっています

テール部分の厚みを比べてみてわかるとおり、3.5インチはかなり細く、少しの動きでもテールがアピールする構造に変更されているようです

イレギュラーなアクションを入れた際の動きは断然3.5のほうが良く

正面から見た形状もノーマルの形状とは違って、偏平形状になりフォール時の姿勢を重要視している感が・・・

偏平率をあげてしまったことと、テールのしなやかさを多くしたせいなのか、巻き感が今まで以上に無い?ような気も?アクション重視なのか?

しかし、テールのしなやかさのおかげかフォールの際のワーム自身のアピール度は増した?感もあります

腹面のスリットの幅等も細くとられているため、ノーマルサイズとのウエイト差は約6gと、3.5インチは少しギュッと詰まらせた印象も

大きさがかなり変わった割に、そこまで軽くなりすぎたと言う感もありませんので、その点はかなり好印象でした

ただ・・・・高い(?ω?;)

店によってはノーマルサイズのほうが安く売られている状態(0д0lll)

流石にマテリアルのウエイト分は安くしてほしかったところ(´;ω;`)

その点が少し残念ではありました(╥﹏╥)

ただ、それでも確実に魚を寄せてくる圧倒的な信頼度を考えると、バックに1個は入れておきたい!そんなワームに仕上がっていますφ(゜▽゜*)

ちなみにハートテイルってハードケースが小さい鞄の時はどうしても邪魔になる存在ですが

ノーマルサイズと同様にケースを切り抜いて写真のように持ち運べば1個からでも邪魔にならずに持ち歩けます

切り抜いたケースは何度でも再利用します(*-∀-)ノ゙

ポンコツ老兵が日々の琵琶湖の状況と釣果速報をツイートしています(-人-) お気軽にフォローを・・・そして飽きたら外してくださいw

前のページへ 3”D-SHU WORM(3インチ ディッシュワーム)

次のページへ HEART TAIL (ハートテイル)

バス釣りおかっぱりポイント 170カ所以上 全ポイントリストを見る!

スポンサードリンク